血圧が高いと起こりやすい症状

高血圧を放置してしまうのは恐ろしいことです。
高血圧を放置すると、段階的に動脈硬化、心臓病や脳卒中などが起こりやすくなります。
最悪の場合にはそれが原因で死亡してしまう危険性もあります。
そもそも血圧というのは、血液が血管を通る時に血管にかかる圧力のことです。
常に高い血圧がかかり続けていると、血管にとっては大きな負担がかかります。
怖いのは動脈(酸素を身体中に送り届ける)が傷ついてしまうことで、これにより動脈硬化が起こりやすくなります。
また、血圧が高いということは常に心臓が全力で血液を押し出している状態ですから、エネルギーの使用量が増えて疲れやすくなります。
それが心臓病を引き起こす原因につながることもあります。
心臓に常に大きな負担がかかると、症状によっては心肥大と言って心筋が厚くなります。
それに対して動脈が血管の内側を厚くすることで、コレステロールなどがそこに溜まり、動脈硬化になりやすくなります。
症状が軽い頃には心臓に酸素が不足する狭心症などが起こり、さらに悪化すると心筋梗塞などの症状が出てしまうこともあります。
心臓や脳への影響が最初に生じる理由としては、脳や心臓は酸素がなければ命の危機があるからです。
それを防ぐために血液を優先的に送り出しますが、血管内で血栓ができてそれがとんでしまうと心筋梗塞や脳梗塞に陥る危険性が出てきます。
降圧剤としてはラシックスなど通販で手に入れられる薬もあります。
ただ、通販で購入する場合、ラシックスを飲んで生じた副作用についても自己責任になってしまうので、症状が重い人は医師に第一に相談するべきです。
通販のラシックスを飲んで、生活はそのままというのでは根本的な解決にはならないことに注意しましょう。